販促品を戦略的に活用する

販促品とは新商品の認知度を上げるための物ですが、中でも実用的な品物は効果が高いのではないでしょうか。たとえば会社帰りのサラリーマンが行きかう駅前で石鹸とうちわの二つが販促品として並んでいたら、おそらく多くの人は石鹸を選ぶと思われます。それだけ石鹸が実用的な品だと感じられることが理由ですが、このように品物次第で高い販促効果が得られることもあれば、あまり効果が期待できないこともあるわけです。またどこで品物を配るかによっても効果が大きく異なるでしょう。たとえば蒸し暑い日の縁日で物を配る場合、先ほどと同様に石鹸とうちわを置いておいたら、まったく異なる結果になるかもしれません。つまり実用性というのはその時の状況でいくらでも変わるということなので、そのことを理解して販促品を戦略的に活用したいものです。そもそも品物としての価値は決して低くないのだから、それに見合った効果を求めるべきでしょう。

販促品の配布にもきちんとした戦略が求められる

販促品は出来るだけ将来の顧客になりそうな人に配りたいものです。無作為に配るというのも一つの手ですが、すぐに結果を求めたいならどの会社でも何らかの戦略を持って販促品を配布する必要があるでしょう。ところで戦略といっても過去にはなかなかうまいアイディアがなかったものです。そもそも個人の嗜好を企業がつかむことが難しかったのがその理由ですが、現代ではインターネットのおかげでそれが可能になりつつあります。その一例がフェイスブックのようなSNSの活用であり、あるいはビッグデータの活用のように一見無作為なデータの中に何らかの特長を見つけるという戦略です。そうしたものを活用することで、完全に無作為で品物を渡すよりははるかに高い確率で将来の顧客に販促品を渡すことが出来るようになっています。そうした企業の動きはこれからますます顕著になっていくでしょう。

販促品を配布する目的とは

新商品を発売するためには商品の特徴を知ってもらうことが重要であり、多くの人に興味や関心を持ってもらう必要があります。新商品を販促品として配ることで商品の特徴を事前に知ってもらうことができ、売上を伸ばせるなどの効果があります。商品の特徴を知ることで安心して商品を選ぶことができ、新たな発見ができます。新商品を発売した当初は実際の商品の特徴が分からなければお金を出して買うかどうかを迷う傾向が強く、販促品として配布することで無料で試してもらうと効果が高いです。多くの人に商品を知ってもらうことで売上を伸ばすきっかけとしても活用でき、新商品を発売するためには経営戦略として考えると効果的です。販促品を配布する目的は新商品の特徴を詳しく知ってもらうことであり、商品の売上を伸ばすきっかけにする方法が一般的です。

コメントを残す

*