産後の骨盤矯正をしよう

妊娠をすると、お腹がとても大きくなります。妊娠6ヶ月くらいまではあまりお腹が目立ちませんが、8ヶ月以降になると、周りの人からでも分かるようになります。臨月を迎える頃になると、お腹がパンパンになるので、歩くことも大変になります。そして、出産をしても、子宮が大きなままなので、すぐに妊娠前のような体型にはならないです。骨盤も開いているので、産後から骨盤矯正をするようにしましょう。開いた骨盤は産後に自然に戻っていきますが、歪んでしまうこともあるので、しっかり、骨盤矯正用のベルトを使いましょう。骨盤が歪んだままだと、太りやすくなったり、冷え性の原因になります。そして、次の妊娠にも影響してしまう可能性があります。歪んでいると、骨盤の開きが悪くなり、出産時に負担がかかってしまうこともあるので気をつけましょう。

産後の骨盤矯正は重要

女性として生まれてから結婚した場合、特に問題なく子供をお腹に宿したなら避けては通れない大仕事として出産があげられます。臨月が近づくにつれて女性の骨盤は開いていき子供の頭が通れるぐらい柔らかくなってきます。いよいよ出産が終わった後も休息するのも束の間で骨盤を元の位置に矯正していかないと時間が経つにつれて不具合が生じてきます。産後に骨盤が開いているという事は体全体が緩んでしまうので元々締まっていた人はバランスが取れなくなって精神や身体が歪んでしまうわけです。しかしながら骨盤矯正をすることによってバランスが整うと産前以上に身体と心が強くなります。子育てという重労働を歪んだ心と身体で行うと子供に深い傷を負わせてしまう結果になる可能性があります。要するに骨盤矯正を行うことで自分自身の心と身体が整う事となりよりパワーアップして子供と向き合えるようになるわけです。

産後、腰痛をきっかけに始めた骨盤矯正

産後酷い腰痛に悩まされました。病院を受診しても特に原因はわからず、痛くて寝込んでしまう事も度々ありました。と、同時に体重は戻っているのに妊娠前のズボンが全く入らなくなっていました。これは開いてしまった骨盤を何とかしないと腰痛もオシャレもできないと、自己流ですが骨盤矯正をしてみました。今でこそ立派な専用ベルトも売っていますが、当時は見かける事はありませんでしたから身近のものを使いました。まずは家にいる時は骨盤に普通のベルトをキツめに巻きます。寝る時、横になる時は太もも辺りにもベルトを巻いて締めます。足首にはタオルを巻きました。歩く時も内股を意識するようにしました。最初は苦しかったのですが段々慣れてきました。するとあれほど辛かった腰痛が楽になり、さらにスタイルも良くなりました。産後から15年経った今でもスタイルはキープ出来ています。

骨盤矯正、小顔矯正やO脚の矯正など、妊娠から産後、美容から症状緩和まで当サロンは高度な医療技術によりあなたをサポートします。 当サロンは東京都に池袋と銀座の二店舗がございますので、東京都心、都下はもちろんのこと関東首都圏が対象エリア です。 骨盤矯正は、症状緩和や小尿などの効果があります。 骨盤矯正・産後ダイエットのことなら当サロンにお任せください! 産後の骨盤矯正なら東京ボディセラピストサロンまで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)